UPAA 海外協定大学推薦制度

海外協定大学推薦制度

世界で学ぶ」をもっと簡単に。

ひとりでも多くの生徒に海外進学という選択肢を知ってほしい。UPAAは、海外大学と国内大学を併願する”グローバル併願の推進”と高校在学中に海外大学の英語要件をクリアし「語学学校を経由することなく」ダイレクトに進学する”現役合格の推進”をミッションに掲げております。
UPAAは、そのために必要となるソリューションをご提供いたします。

世界で学ぶ」をもっと簡単に。

英米の大学は入学の約1年前から書類選考による入学審査を開始するため、海外大学への進学を検討している受験者は高3の秋から出願書類を提出できます。
そこで、国内大学と海外大学を併願する受験者は、受験勉強と並行して海外大学へ出願、結果を待ちながら国内大向けの受験勉強を継続、これで国内大学と海外大学を併願する『グローバル併願』が可能となります。
しかし現実は、TOEFLやSATなどの高い英語力の証明とエッセイなど膨大な出願書類の作成で、国内大学を優先に考えている受験者には負担が大きく、実状は帰国子女など一部の高校生だけに可能な特権的な受験スタイルでした。
UPAAでは、国内大学と海外大学をもっと簡単に併願できる『グローバル併願』プログラムをご提供します。
それは、加盟校(高等学校)からの推薦形式で出願書類の負担を大幅に減らし、国内大向けの受験勉強をムダなく活用して海外大学入学に必要な英語力まで引き上げるグローバル併願のソリューションです。

UPAAの特長

名門19大学への推薦入学

UPAAには、世界大学ランキング上位校を含むワールドクラスの大学が多数加盟。質の高い教育と専門性の高いプログラムの数々、多様性に富んだ環境のなかで、将来の夢に向けた実りある時間を過ごすことができます。 協定大学一覧を見る

出願の準備・負担が少ない

協定大学には、共通願書で最大4大学まで出願できます。書類作成にかかる時間は1時間程度で、審査対象は高校の成績と英語力のみ。基本的にSATの受験も英文エッセイも不要なので、出願の手間・負担はほとんどありません。 出願案内を見る

最短2週間で合格判定

出願受付は10月からスタート。出願から約2〜4週間で合否結果が届くスピード審査です。国内受験の予定がなければ、年内から余裕を持って留学準備を進められます。 出願の流れを見る

合格通知は3月末まで有効

協定大学の合格通知は翌年の3月末まで有効。日本の大学が第一志望の場合でも、合否発表を待ってから進路を決められます。海外進学を選択する場合も、一般的な9月入学であれば、準備に慌てる必要はありません。 合格後の流れを見る

UPAAへの加盟は無料

ひとりでも多くの学生に海外進学という選択肢を知ってもらうため、UPAAでは高等学校に加盟料を課していません。進路指導のグローバル化を進める手段として、積極的にご検討ください。

加盟の流れ

お問い合わせ

お問い合わせ

こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。事務局スタッフより折り返しご連絡いたします。

お打ち合わせ

お打ち合わせ

事務局スタッフが訪問の上、制度の詳細をご説明します。どんなことでもお気軽にご質問ください。

お申込み・審査

お申込み・審査

加盟を検討いただける場合は、事務局より申込書をお送りします。ご記入の上ご返信ください。

ご加盟

加盟

簡単な審査を経て、加盟となります。加盟の後は、さまざまな形で進路指導のサポートを進めてまいります。

ご質問等は、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。加盟をご検討いただける場合は、事務局担当スタッフが訪問のうえ、制度についてさらに詳しくご説明します。制度の趣旨・内容にご納得いただけるようでしたら、スタッフより申込書をお送りします。必要事項をご記入の上ご返送ください。簡単な審査を経て、加盟となります。加盟後もさまざまな形でサポートしてまいりますので、ご安心ください。

問い合わせはこちら