Column

メディア学概論 -「オリエンタリズム」

メディア学とは?

メディア学は、メディアやコミュニケーション、社会の複雑な関係を考察する学際的分野の学問です。この連載記事を読まれている方なら、ほとんどすべての専攻が非常に幅広いものであることをお分かりになるでしょう。なぜなら、私たちは、あるテーマについてより深く学ぶにつれ、それを他の分野と合わせてして新しい研究の機会を生み出そうとするからです。 しかし、何かが社会で果たす役割や社会に与える影響についての研究が、最近ではほとんどすべての学位の最前線にあるということは、もうお分かりいただけているでしょう。特にメディア学が関わるのは、テレビや映画、広告、ジャーナリズム、ソーシャルメディア、デジタルプラットフォームなど皆さんが毎日使う様々な形態のメディアの、批判的分析です。メディア学は幅広いトピックに幅広くアプローチするものなのですが、メディア・コンテンツの消費や分析に焦点を当てるだけで実用的な応用を行わないと誤解がされることがよくあります。実際には、メディア学は、受動的なメディア消費にとどまらず、メディアの社会的、文化的、政治的側面を理解し、メディア制作や分析の実践的スキルを伸ばすことを重要視しています。



なぜメディア学を学ぶのか?

~メディア学の学位取得を目指すのには、必然的な理由があります~


メディアの影響力を理解する

メディアは、私たちの認識、態度、行動を形成する大きな力であり、それは、以前にも増して大きくなっています。メディア学を学ぶことで、メディアのメッセージを批判的に分析し、根底にあるイデオロギーを明らかにし、メディアが社会に与える影響を理解することが可能となります。メディア学は、学生にメディアリテラシー能力を身に付けさせ、学生たちは情報に通じた批判的な消費者としてメディアの様相を把握することができるようになるのです。


クリエイティブな表現と実践的なスキル

一般的に、メディア学プログラムは創造的な表現や実践的なスキル向上の機会を与えてくれます。多くの場合、自分が最も興味のあるメディアのタイプに基づいて、自分の専攻を計画します。そして、様々なメディア制作技術、ストーリーテリング、ビジュアルコミュニケーション、デジタルメディアリテラシーを学びます。これらのスキルにより、卒業生は多様なメディアプラットフォームを通じて効果的にコミュニケーションをとり、メディア制作、ジャーナリズム、広告、デジタルコンテンツ制作などの仕事に就くことができるのです。


社会文化的認識

メディア学はまた、メディアの社会文化的な意味合いの理解を育みます。学生は、メディアの語りにおける表現、多様性、パワーダイナミクスなどの問題を研究します。文化やアイデンティティの形成におけるメディアの役割を批判的に検討することで、卒業生は社会正義、平等、包括性に関する議論に寄与することができます。


卒業後の仕事

ご推察の通り、メディア学の学位は、広範囲なキャリアのチャンスを開いてくれます。最も一般的な職種をいくつか紹介します


ジャーナリズムと放送

記者、ニュースキャスター、プロデューサーなどです。ニュースやテレビ放送には、カメラに映るものだけではない多くの側面があり、すべての面を経験させてくれるプログラムを見つけることが、キャリアを成功させるために不可欠です。この道筋を行くと、伝統的な報道機関、オンラインプラットフォーム、そして調査報道、放送報道、スポーツ報道などの専門的なジャーナリズム部門で働くことになるかもしれません。


広告と広報

コミュニケーションはメディア学の中心であり、卒業生が広告、広報、マーケティングの分野に就くことは驚くことではありません。広告代理店やPR会社では、説得力のあるキャンペーンの作成、ブランド・アイデンティティの管理、効果的なコミュニケーション戦略の開発などの役割を担当することになるかもしれません。


メディアプロダクションとコンテンツ制作

メディア学の中でも、よりクリエイティブな分野であり、映画やテレビの制作、ビデオ編集、脚本、デジタルコンテンツ制作などのメディア制作の分野で活躍するための実践的なスキルを身につけることができます。特に、この分野は国際的なUPAA大学機構が名声を放つ分野です。それは、大学機構の中の多くの大学が、完全に学生によって管理される高水準のテレビ、ラジオ、制作スタジオを所有しているからです。


ソーシャルメディアとデジタル・マーケティング

ソーシャルメディア・プラットフォームの発達により、多くの新しいキャリアが生まれました。大学のプログラムによっては、ソーシャルメディア管理、地域社会エンゲージメント、コンテンツ戦略、デジタル・マーケティングを専攻し、新旧の企業が現代のデジタル環境へ適応を支援することができます。
メディアが私たちの生活に与える影響力を考えると、この多様な分野への仕事の展望は、日本に住んで仕事をするにしても、海外での仕事の経験を希望するにしても、かなり成功を期待できます。英語のデジタル情報の量が日本語のそれを凌駕していることを考えると、この学位は間違いなく留学を強く検討すべき学位です。メディア学のプログラムを選ぶ際には、柔軟性が大切です。


メディア学が学べる
UPAA海外協定大学と専攻

3年間で学士号!
「International Year One」

イギリス:

-4年間で修了
「International Foundation/
Undergraduate Pathway」

イギリス:
アメリカ:
オーストラリア:

※【 】内はQS World Subject Rankings 2023のランキングを記載