UPAA 海外協定大学推薦制度

「世界で学ぶ」をもっと簡単に。

グローバル人材の育成をめざす日本と、留学生の質を高めたい海外大学。UPAAは、双方のニーズを満たすために生まれた画期的な推薦入試制度です。英米20大学との提携により、願書を共通化。高校の成績と英語力のみで合否を審査するため、海外進学のネックとなっていた出願準備が驚くほどシンプルに。もちろん、加盟校向けのサポートも充実しています。もっとあたり前に、世界で学べる時代へ。UPAAは進路指導のグローバル化をお手伝いします。

UPAAのメリット

名門21大学への推薦入学

UPAAには、世界大学ランキング上位校を含むワールドクラスの大学が多数加盟。質の高い教育と専門性の高いプログラムの数々、多様性に富んだ環境のなかで、将来の夢に向けた実りある時間を過ごすことができます。 協定大学一覧を見る

出願の準備・負担が少ない

協定大学には、共通願書で最大4大学まで出願できます。書類作成にかかる時間は1時間程度で、審査対象は高校の成績と英語力のみ。基本的にSATの受験も英文エッセイも不要なので、出願の手間・負担はほとんどありません。 出願案内を見る

最短2週間で合格判定

出願受付は10月からスタート。出願から約2〜4週間で合否結果が届くスピード審査です。国内受験の予定がなければ、年内から余裕を持って留学準備を進められます。 出願の流れを見る

合格通知は3月末まで有効

協定大学の合格通知は翌年の3月末まで有効。日本の大学が第一志望の場合でも、合否発表を待ってから進路を決められます。海外進学を選択する場合も、一般的な9月入学であれば、準備に慌てる必要はありません。 合格後の流れを見る

UPAAへの加盟は無料

ひとりでも多くの学生に海外進学という選択肢を知ってもらうため、UPAAでは高等学校に加盟料を課していません。進路指導のグローバル化を進める手段として、積極的にご検討ください。 加盟案内を見る ※受験者には出願時に手続き費用をご負担いただきます。また、別途提供する英語学習サービスは有料となります。

加盟校へのサポート

大学選びから出願手続きまで
細やかにケア

進路指導サポート

海外進学の実績が少ない段階では、進路指導も手探りになりがち。UPAAでは、志望大学の選択から出願手続きまで、事務局スタッフがきめ細やかにサポートします。

協定大学の情報は、ホームページやパンフレットを通じて常にアップデート。協定大学教職員を招いたセミナーなど、大学の特色について直接お問い合わせいただける機会もご用意します。協定大学への視察旅行も予定していますので、ぜひご自身でも現地の環境を体感してください。

学校が開催する保護者向け説明会に、事務局スタッフを派遣することもできます。出願条件、費用、環境など、親として気になるポイントを丁寧にフォローします。お気軽にご相談ください。

学習環境から留学試験まで
ワンストップで提供

学習環境サポート

海外進学の決め手は英語力。UPAAが提供する「UPAA認定試験」はTOEFLやIELTSの代用として認められており、加盟校は校内で任意の日に試験を実施できます。また、この試験の換算点がわかる「EAT(学修到達度試験)」も校内で実施可能。さらに留学試験対策として、オンラインの学習システムを構築することもできます。

UPAA認定試験についてもっと詳しく
EATについてもっと詳しく

高校卒業後から渡航までの
手続きもしっかりフォロー

入学準備サポート

協定大学から合格通知を受け取ったら、いよいよ入学準備。入学書類の提出、奨学金の申請、入寮手続き、留学生保険の加入、送迎手配など、高校を卒業してから渡航までにさまざまな事務手続きが発生しますが、事務局スタッフがしっかりサポートします。ご安心ください。

グローバル進学校としての
ブランドづくりを支援

広報サポート

海外進学への積極的な取り組みは、ブランド構築の観点から見ても学校の大きな財産になります。UPAA加盟校は協定大学のロゴを、学校のホームページや学校案内等に使えるほか、留学試験対策のオンライン学習システムも学校独自のデザインにカスタマイズ可能。グローバル化に向けた学校の姿勢や取り組みを効果的に訴求することができます。

加盟案内