UPAA認定試験

協定大学公認の英語力診断テスト

UPAA認定試験は、オンラインで受験できる英語力認定試験です。一部の協定校では、TOEFLやIELTSの代わりに、この試験のスコアを認めています。認定試験はType AとType Bの2種類あり、大学の要件に応じていずれかを受験していただきます。Type Aは自宅でも受験できるので、受験会場まで移動せずに、使い慣れているパソコンと環境で受験するメリットは大きいです。国内大学を第一志望にしているグローバル併願者にとっても、負担が少ないので積極的に活用してください。

協定大学への出願に利用できる 受験費用が割安 自宅で受験できる(Type A)

UPAA認定試験

- Type A -

Type Aは、アメリカの協定大学のインタナショナル・イヤー・ワンプログラムへの入学要件に利用できるテストです。リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング技能を測る適応型テスト (45分)とオープンエンドな質問に回答するビデオインタビュー形式の二部構成です。

UPAA認定試験

- Type B -

Type Bは、アメリカおよびイギリスの協定大学への入学要件に利用できるテストです。試験時間は約2時間で英語4技能を審査します。

Type A Type B
実施方法 オンライン オンライン
実施会場 自宅/学校 UPAA(東京)
実施日程 任意 10月、12月、3月
受験回数 なし 2回まで
受験費用 米国の協定大学出願者は初回無料
US$49.00(2回目以降)
出願者は初回8,000円
£70.00(2回目)
受験資格 ・高校3年生以上の出願者
・EATスコア87以上
・高校3年生以上の出願者
・IELTS for UKVIの総合点及び各セクションが4.0以上であること
試験時間 約55分 約2時間

UPAA認定試験のスコアが利用できる協定大学

IELTS for UKVI
As of September 1, 2020